医療法人社団こうだ歯科医院
サイトマップ

診療案内

当院では、私自身が患者さんの立場になった場合、「自分が通いたい。と思える歯科医院づくり」を目指しております。丁寧な対応で分かりやすい説明、患者さんの希望を第一に考えて治療を心掛けるようにしております。

診療の流れ

1、口腔内診査・カウンセリング・応急処置

通常は上記の初期診療を行い、2回目以降に治療を開始しますが、急患の場合はこの限りではありません。

2、治療計画の立案

カウンセリングの結果をもとに患者さんに合った治療計画を立てます。

3、治療

治療計画にご納得いただき、同意をして頂いてからの治療開始となります。

4、治療後の検査

治療後に必要に応じて、歯と歯肉の状態の検査をいたします。

5、予防・メインテナンス・リコール

治療後はむし歯や歯周病にならないように、ブラッシング指導を行っております。歯周病治療やインプラント治療の後には、定期的なメインテナンスが必要です。

▲TOPへ戻る

矯正歯科

出っ歯、受け口、デコボコの歯など、歯並びが悪いと以下のデメリットがあります。
虫歯になりやすい、歯周病にかかりやすい、食べるときに効率が悪い、顎が疲れる、発音しにくい、人前で笑えない。また、成長期に悪い歯並びを放置すると、顎の発育に悪影響を及ぼします。

当院では、患者様にご満足いただける矯正治療を目指しております。そのためにベテラン矯正医がお悩みやご希望をうかがい、最良・最適のゴールをご提案いたします。

また、安心して治療を受けていただくために、治療にかかる期間や費用を明確にご説明いたします。

○子供矯正:
お子様の年齢、発育状態、就学状況などを踏まえ、最適な時期・期間の治療をいたします。早期の治療を受けていただくことにより、不正咬合を予防して良い発育へ近づけることができます。また、噛み合わせに影響を及ぼす指しゃぶり、飲み込み方、食べ方の癖、口呼吸、姿勢などにも対応いたします。

○大人矯正:
歯並びをなおすのに遅すぎるということはありません。思い立ったときが大人矯正の開始時期です。長年のお悩みを解消しませんか。歯並びを良くして歯周病や虫歯を予防し、健康的で美しい口元をゲットしましょう。

○部分矯正:
プチ矯正で、でこぼこや、すきっ歯など、気になる部分だけを治せます。患者様のご希望に応じて数本の歯並びを改善いたします。治療期間や費用も少なくてすみます。

矯正イメージ

▲TOPへ戻る

親知らず

親知らずは必ず抜く必要はありません。普通にはえていて、普通に噛める状態であれば無理に抜く必要はないのです。ただ、親知らずのほとんどは正しい位置にはえることがありません。横にはえたり、はえきらなかったりして、むし歯や歯周病の原因になることがあります。

ですから、正しくはえていない親知らずは、抜いた方が良いことが多いのです。しかし、親知らずの抜歯は、ほとんどが病院に紹介されているのが現状です。それは、親知らずの抜歯が、口腔外科と呼ばれる診療科目にあたり、治療が難しいとされているからです。

当院では、大学病院の口腔外科に長年勤務した院長が抜歯にあたります。近隣の歯科医院からも当院へと紹介されることが多く、これまでも多くの親知らずを抜歯してきました。親知らずでお困りの患者さんは一度当院へご相談下さい。

○「親知らず」を抜かなくても問題無い場合
・普通にはえていて、普通に噛める状態である。
・デンタルフロスやブラシなどで、お手入れが出来る状態にある。
・顎の骨の中に完全に埋まっていて問題が無い場合
・虫歯であるが、進行しておらず、抜かずに治療が出来る状態にある。
・入れ歯やブリッジの土台となりうる場合
・矯正治療で正しい位置に「親知らず」を動かせる場合

親不知

○「親知らず」を抜いたほうがよい場合
・「親知らず」が虫歯になってしまった場合
・「親知らず」の手前の歯が虫歯になってしまった場合
・「親知らず」が横向きに埋まってしまっており、前方の歯に影響を及ぼしている場合
・食べ物が詰まる、歯肉炎などを繰り返し引き起こしている場合

○「親知らず」を抜いたほうが良い理由
・「親知らず」は、お手入れがやり難いので、虫歯や歯周病になりやすい。
・口臭の原因になりやすい
・歯並びが悪くなる可能性がある。
・頭痛など体調に影響を及ぼす可能性がある。

▲TOPへ戻る

一般歯科

一般歯科

一般歯科で一番多く行う治療はむし歯の治療です。患者さんの中には、少しくらい歯が痛くても大丈夫、と思われている方がいらっしゃるかもしれませんが、むし歯や歯周病は自然に治ることはありません。むし歯や歯周病が進行して、大切な歯を失う前に、早期発見・早期治療が必要です。

▲TOPへ戻る

小児歯科

お子様が病気になったら小児科に行くように、歯科医院にも小児歯科があります。初めて歯科治療を行うお子様に「歯医者さんは怖い」と思われてしまうと、その子は大人になっても歯科医院を怖がるかもしれません。当院では、お子様に無理な治療は行いません。

▲TOPへ戻る

予防歯科

むし歯にならない強い歯を作る為にはタンパク質やカルシウムが必要です。また、むし歯にならない為には毎日のブラッシングも大切です。食生活に気をつけて、毎日のブラッシングを行うことでむし歯予防をおこないましょう。ただし、毎日のブラッシングでも歯ブラシが届きにくいところや汚れがたまりやすい場所が出来てしまいます。そこからむし歯になることもありますので、定期的に歯科医院で歯のクリーニング(PMTC)を受けることも大切です。

PMTCは、毎日の自分で行なう歯磨きでは落ちない汚れを専用機器を使用してきれいにクリーニングすることです。知らない間に磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。口腔内をきれいにすることで歯周病予防にもなります。

予防歯科

▲TOPへ戻る

審美歯科

不慮の事故で歯が欠けてしまった。歯の治療を行う際に金属の詰め物を入れて欲しくない。など審美歯科は機能的面と審美(見た目)面の両方が重要になる診療です。当院では、患者さんひとりひとりの希望にそった治療を行います。

ハイブリッドセラミックインレー
従来の金属の詰め物は見た目が悪いばかりではなく、金属アレルギーや歯への変色を引き起こします。
セラミックインレーは天然歯に近い色調と透明感が得られ、歯にも優しい治療と言えます。

審美歯科料金表
写真で見る色々な白い歯

ハイブリッドセラミックインレー

▲TOPへ戻る

顎関節症

顎関節症とは「あごがなる」・「あごが痛い」・「口が開けづらい」などが主な症状の慢性疾患です。音がなるだけであれば治療が必要ないこともありますが、痛みや開けづらさを感じるようであれば一度診療を受けてみてください。顎関節症の原因は様々で、「あごへの過度な負担」・「咬み合わせ」・「ストレス」などが挙げられます。

ノンクラスプデンチャー(金属バネの無い入れ歯)

1.審美性が良い
通常の入れ歯(義歯)は隣の歯に金属のバネを使用しますが入れ歯(義歯)が歯に密着し入り込むためバネが無くても外れず安定しています。

2.非常に薄いため違和感が少ない
入れ歯(義歯)のピンク色の部分が非常に薄いために、違和感が少ないだけでなく発音がしやすく装着感がよくなります。

3.残存歯を痛めない
残っている自分の歯に対して金属の針金であるバネをかけませんので余計な負担が軽減します。

4.食片の圧入を防ぐ
従来の材料と比べ格段にすき間なく接触少なく、密着するため食べカスが入りづらくなっています。

5.破折しにくい
特殊な樹脂で出来ており柔軟性を有していますので、衝撃に対しても割れにくいです。

6.金属アレルギーがない
金属は全く使用しませんので金属アレルギーとは無縁です。

※修理・補修ができないので注意が必要です。
※保険適用外になりますので、詳しくはお問合わせ下さい。

入れ歯料金表
写真で見る色々な入れ歯
※入れ歯の料金はサイズその他により価格が前後する場合がございます。

ナチュラルデンチャー(金属の無い入れ歯)

当院は国分寺市、小金井市、小平市から通いやすい位置にあり、
24時間ネット予約・web予約が可能ですのでお気軽にご利用下さい。

こちらからお問い合わせが可能です。質問のある方はこちらをクリック!

ページトップへ